COLUMN業績アップノウハウ

【不動産売買仲介会社】人が辞めない不動産会社の作り方(3/4)


組織づくり

人が辞める本質的な理由

【不動産売買仲介会社】人が辞めない不動産会社の作り方(1/4)

データで見る退職理由

【不動産売買仲介会社】人が辞めない不動産会社の作り方(2/4)

人事制度のポイント

 

人事制度の目的は、

「人が辞めない(従業員数保持・拡大)

「人が成長し続ける(生産性向上)」会社を実現するために、

その仕組みを構築し、運用できるようになることです。

 

人が辞めずに業績が向上し続けている会社は人事制度がきちんと整備されています。

 

ポイントを押さえた人事制度を構築することによって会社には2つのメリットがあります。

 

 

(1)生産性へのインパクト

 

 ・「何ができるようになれば評価・賃金アップされるか」がわかるため、自発的成長が促される

 ・人がやめないため、新人の比率が下がり、スキルが蓄積される(=生産性向上)

 

 

(2)従業員数へのインパクト

 

 ・何をやれば役職・賃金が上がるかがわかるため、辞める理由が減る

 ・努力の方向性が明確なので、「やりがい」を感じられる

 

 

人事制度とは、期待する社員像になり得る人を①採る ②育てる ③評価する ④報酬を与える の一連のプロセスであり、期待する社員像に向かって自発的に成長してもらう仕組みのことです。

 

 

良い人事制度のポイントは下記3つを満たしている制度のことです。

 

 ①自分の将来が描けるパスがある

 

 ②評価基準が適切かつ明確である

 

 ③適正かつ明確な報酬である

 

 

良い評価・報酬制度が設計されると

 

①評価される

 

②職位が上がる

 

③賃金が上がる → モチベートされてさらに働く(再び①へ)

 

と好循環が起こり、離職率が低下するだけでなく、高生産性が実現します。

そのため、評価・職位(等級)・賃金(報酬)は連動させる必要があります。

 

 

 

人事制度の設計プロセスは3ステップになります。

 

①キャリアパス設計

 

②評価制度構築

 

③報酬制度構築

 

 

 

 

キャリアパス設計

 

 

キャリアパス設計のポイントは下記の3点になります。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP