COLUMN業績アップノウハウ

【不動産売買仲介会社】人が辞めない不動産会社の作り方(2/4)


組織づくり

人が辞める本質的な理由

【不動産売買仲介会社】人が辞めない不動産会社の作り方(1/4)

データで見る退職理由

 

エン・ジャパン株式会社が発表した調査(参照:エン・ジャパン株式会社『1500人の求職者に聞いた退職理由の真相!「退職理由のホンネとタテマエ」))によると、退職理由については本音と建前で大きく理由は異なるようです。

 

【建前】

1位 結婚・家庭の事情(23%)

2位 体調を壊した(18%)

3位 やりたい仕事内容ではなかった(14%)

4位 業界・企業の将来性が不安だった(6%)

5位 社風や風土が合わなかった(6%)

 

【本音】

1位 人間関係が悪かった(25%)

2位 評価・人事制度に不満があった(12%)

3位 給与が低かった(11%)

4位 拘束時間が長かった(11%)

5位 社風や風土が合わなかった(11%)

 

上記を見る限り、

「家庭の事情で

「結婚するので

「体調が芳しくなく

といった定番の退職理由は、本音ではない可能性が高いでしょう。

 

上記「本音」を見ると、「5位社風や風土が合わなかった」は採用アンマッチの要素が大きいですが、

1~4位については採用後の問題です。

 

また、人間関係を除いては、「人事」の問題なのです。

実は人事制度を良好化するだけで、41%の退職理由をつぶすことができるのです。

 

つまり、

 

①人事制度への不満

②人間関係への不満

 

の2つの不満が防げれば、約70%の退職が回避できます。

 

 

(1)「人間関係の悪さ」で人は辞める

 

前述のとおり、人間関係が悪いという理由は25%4分の1を占めるメジャーな理由です。

人間関係の悪化は大きく以下2つから生じます。

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP