COLUMN業績アップノウハウ

平均粗利単価をプラス100万円上げる提案方法(3/5)


買い客への営業手法

 

 

平均粗利単価が低い会社と高い会社の違いとは

>>平均粗利単価をプラス100万円上げる提案方法(1/5)

平均粗利単価を上げる重要性

>>平均粗利単価をプラス100万円上げる提案方法(2/5)

 

平均粗利単価を上げる2つのポイント

 

平均粗利単価を2倍にするためには、仲介手数料以外にもオプション工事粗利を獲得する必要があります。

 

 

しかし、新築住宅をご購入いただくお客様はほとんどオプション工事をされています。

 

 

例えば、多くの不動産会社では、下記のような必須のオプション工事だけ提案しているケースが少なくないです。

 

・網戸
・シャッター
・カーテンレール
・照明
・テレビアンテナ
・エアコン など

 

 

上記のような必須のオプション工事だけでは十分ではありません。

 

 

平均粗利単価2倍の不動産会社では、新築住宅の粗利獲得方程式は下記のとおりです。

(注意1)計算を単純化するため消費税は含んでおりません。
(注意2)オプション工事の粗利率は参考としてご参照下さい。

 

 

<通常>新築住宅の両手取引
(物件価格2000万円 × 仲介手数料3% +6万円 )× 2 = 132万円

 

 

<粗利単価2倍>新築住宅の両手取引
(物件価格2000万円 × 仲介手数料3% +6万円 )× 2  + オプション工事価格400万円 × 粗利率30% = 250万円

 

 

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP