COLUMN業績アップノウハウ

【土地】平均粗利単価をプラス75万円上げる提案方法(4/4)


買い客への営業手法

平均粗利単価が低い会社と高い会社の違いとは

【土地】 平均粗利単価をプラス75万円上げる提案方法(1/4)

平均粗利単価を上げる重要性

【土地】 平均粗利単価をプラス75万円上げる提案方法(2/4)

建築紹介3つのポイント

紹介できる工務店の開拓

土地反響から建築紹介をする方法

【土地】 平均粗利単価をプラス75万円上げる提案方法(3/4)

新築一戸建反響から建築紹介をする方法

土地の反響に対して建築紹介をするのではなく、新築一戸建としてポータルサイトに掲載して建築紹介をする方法をご紹介致します。

 

自社で建物を建てることなく、新築一戸建反響から建築紹介する方法は下記6つのステップで進めることができます。

 

①専任媒介契約の取得
②売主様に建築条件を付ける交渉の実施
③建築確認申請の取得
④販売代理(提携)として新築一戸建としてポータルサイトに掲載
⑤来店誘導
⑥売買契約(建物は工務店と請負契約)

 

 

①専任媒介契約の取得

新築一戸建として掲載するためには、「建築条件」と「建築確認申請」の2つが必須となります。

そのためには、自社の土地か売主様と専任媒介契約を結んだ土地のどちらかが必要となります。

建築条件を付けることなく、建築確認申請を進めてしまうと、途中で土地として売れてしまう可能性があるため、建築条件を付けることができるように売主様に交渉をする必要があります。

 

 

②売主様に建築条件を付ける交渉の実施

建築条件を付けることによる売主様のメリットとデメリットを把握して、売主様にはデメリットよりもメリットの方が大きいことを説明します。

売主様のメリットとデメリットは以下のとおりです。

 

<メリット>
・建築条件を付けて、建築確認申請を出すことによって売れやすくなる
・建築条件を付ける代わりに、売主様から仲介手数料をいただかない

 

<デメリット>
・既に工務店が決まっているお客さまはご購入いただけない

 

このようにメリットがデメリットを上回るように売主様にお伝えすることがポイントになります。

 

 

③建築確認申請の取得

提携している工務店に設計と建築確認申請を進めてもらう必要があります。

 

販売金額(土地と建物の合計金額)は、設計前に決めておきましょう。

 

売れる金額から逆算して商品づくりをしておくことがポイントになります。

 

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP