COLUMN業績アップノウハウ

なぜコンサルに依頼しても業績が伸びないか(2/4)


経営戦略

 

はじめに

>>『なぜコンサルに依頼しても業績が伸びないか(1/4)』へ

なぜ業績が上がらないか

そもそも、なぜ業績が上がらないのでしょうか?

 

業績アップは以下のような方程式で表せられます。

業績アップ = 「成果の出るやり方」 × 「確実な実行」

 

つまり、成果が出るやり方を確実に実行すれば業績が上がるのです。

ダイエットを成功させたくば、「やり方=食事制限・運動」を「実行=ちゃんと実行」すれば、痩せられるのです。

 

業績アップについても、同じことで

① 経営課題を解消するやり方
② それを確実に実行し、精度を上げていく

 

ことで業績が伸びるのです。

 

中小企業の経営者は「やり方」に悩んでいるケースが多く、「成果の出る裏ワザを教えてほしい」という潜在的なニーズがあります。

そこに、「うちにはこんなノウハウがありますよ」と、コンサルティング会社が近づいてくるのです。

それも、あたかも「ノウハウさえあれば業績が伸びる」と言わんばかりに。

ここまでお読みいただいているあなたなら、もうお分かりかと思いますが、
いくらノウハウがあっても、それが実行されなければ業績など伸びないのです。

 

また、実行されていたとしても、その精度が低ければ業績アップは望めません。

 

「ノウハウがあれば業績が伸びる」と思われているなら、その考え方は今すぐ捨ててください

コンサルティング会社の餌食になってしまいます。

 

こんなコンサルタントは今すぐ解約したほうがいい

立派な役職がついたコンサルタントでも、実力がない人は星の数ほどいます。

チーフコンサルタント」「エグゼクティブコンサルタント」などなど、立派な役職がついていても、業績が上げられる腕を持っているとは限りません。

 

そのような職位は「営業成績」で決まる会社もあり、営業力があれば、職位を上げることが可能なケースもあります。

 

コンサルティング手腕で評価されていないケースも多分にあることを理解してください。

 

さて、以下のどれかに当てはまればダメなコンサルタントと言えるでしょう。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP