COLUMN業績アップノウハウ

一括査定ポータルサイトから訪問査定数を最大化する方法とは(3/3)


売り客への営業手法

 

 

一括査定ポータルサイトから訪問査定に繋げられている不動産会社の特徴

 訪問査定率を上げる3つのポイント

 

>>一括査定ポータルサイトから訪問査定数を最大化する方法とは(1/3)

査定反響に即架電を行う

反響メール設定

1分以内架電

複数の連絡手段で追客をする

TEL

>>一括査定ポータルサイトから訪問査定数を最大化する方法とは(2/3)

 

SMS

 

電話をしても繋がらない場合は、売主様にSMS(ショートメッセージ)を送ることが有効です。

 

 

売主様が「SMSを送ってきた不動産会社に連絡をしたい」、「次に電話があれば取って話を聞いてみよう」、「Mailに返信しよう」と思っていただけるようにショートメッセージを作成することがポイントになります。

 

 

例)弊社で中古住宅をお探しのお客様がいらっしゃるのですが、○○様の物件が条件に近いので、一度お話を聞かせていただけないでしょうか。

 

 

 

Mail

 

電話をしても繋がらない場合は、売主様にSMSを送るとともにMailを送るようにしましょう。

 

 

売主様の携帯番号がわからない場合やSMSが受信できない場合もあるので、Mailの送信も必ず電話とセットで実施して下さい。

 

 

MailのポイントはSMSと同じになります。

 

 

3ヶ月以上経過名簿に追客をする

 

売却検討名簿

一括査定ポータルサイトは、売却の意思はありますが、今はまだ売れる状態ではない売主様からの査定依頼もあります。

 

 

多くの不動産会社の場合は、売却検討している名簿に対して追客を実施できていません。

 

 

時間が経過している名簿こそ売主様が売れる状態になっていると考えて追客をすることが重要です。

 

 

また、一括査定で反響が発生した時には複数の不動産会社でお客様にアポを取るように連絡が入りますが、売却検討しているお客様に連絡をする不動産会社が少ないので、3ヶ月以上経過名簿に対して追客を行うことは査定訪問ができるチャンスなのです。

 

 

 

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP