COLUMN業績アップノウハウ

一括査定ポータルサイトから訪問査定数を最大化する方法とは(1/3)


売り客への営業手法

 

 

一括査定ポータルサイトから訪問査定に繋げられている不動産会社の特徴

 

この記事をお読みの方は、イエウール、HOME4U、RE-Guide(リガイド)、リビンマッチ、イエイなどの一括査定ポータルサイトから訪問査定を行うことに課題のある不動産会社の経営幹部の方か営業担当の方でしょう。

 

 

ZitzGenはこれまで100名以上の不動産売買仲介会社の経営者・管理職・営業担当の皆様とお話してきました。

 

 

そこで、訪問査定に繋げられている会社と繋げられていない会社の違いがはっきりとわかりました。

 

 

特に一括査定ポータルサイトの反響からの訪問査定率は会社ごとに大きく異なります。
なぜこのようなことが起こるのかを説明致します。

 

 

一括査定ポータルサイトとは、文字通り複数の不動産会社に対して、物件を売ることを検討されている売主様が一括で査定申込みをするサイトになります。

 

 

一括で査定申込みをするということは、複数の不動産会社に対して同時に売却依頼の通知が来ることになります。

 

 

そうすると、当然ですが売主様に対して早く連絡が取れた不動産会社が一番有利に訪問査定のアポを取得することができます

 

 

多くの不動産会社では、一括査定ポータルサイトの反響に対してすぐに連絡ができていません。

 

 

また、一度電話をして繋がらなかったら諦めたり、繋がっても売却の意思がまだ固まっていない売主様に対しての追客活動を早い段階で辞めてしまうケースが見られます。

 

 

一括査定ポータルサイトから訪問査定に繋げて受託までできている不動産会社は、競合他社よりも早く売主様に連絡をして、一度電話をして繋がらなかった場合でも複数の連絡手段で連絡をして追客活動を行います。

 

 

そして、売却の意思がまだ固まっていない売主様も継続的にアプローチし続けられる不動産会社は一括査定ポータルサイトを有効に活用できていると言えます

 

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP