COLUMN業績アップノウハウ

不動産会社がポータルサイトで集客を成功させるためすべき3つのこと(1/2)


買い客集客

 

 

ポータルサイトで集客ができている会社とできていない会社

ZitzGenの不動産売買仲介会社専門コンサルタントは、これまで100社以上の会社とコミュニケーションを取ってきました。

 

 

そこでわかったことは、ポータルサイトで集客ができている会社とできていない会社での集客数の差は、同じ販促費用を掛けていても4倍以上乖離がある、ということです。

 

 

また、集客ができていない会社はポータルサイトの費用対効果が良くないにも関わらず、集客数が足りていないのでポータルサイト運営会社の言いなりになって追加で掲載枠数の増加やオプションの追加をしていく傾向が見られます。

 

 

ポータルサイトで集客ができている会社とできていない会社では、ポータルサイトの運用方法に大きな違いがあります。

 

 

集客ができていない会社は、ポータルサイトの運用を事務や営業マンが兼任で行っており、業務の優先順位が下がってしまっています。

 

 

そうすると、経営幹部が集客を増やすためにポータルサイトの業務に注力するように指示をしたとしても、現場では指示が出ている期間は業務の優先順位が上がり、ポータルサイトの反響数が伸びる可能性がありますが、その反響対応や契約業務で、またポータルサイトの運営業務が後回しになってしまい、反響数が減少してしまいます。

 

 

一方で、集客ができている会社は3つのポイントを押さえてポータルサイトの運用を行っています

 

 

 

ポータルサイトで集客を成功させる3つのポイント

ポータルサイトのポイントは以下の3つです。

 

① 分業化                
② 専任制                
③ マニュアル化            

 分業化

 

ポータルサイト運用の業務を洗い出して、「掲載指示」、「写真撮影」、「物件登録・更新」に分けます。

 

 

ポータルサイト運用の業務の洗い出しは全項目を洗い出して抜け漏れがないように進めることがポイントです。

 

 

業務の内容自体は決して専門知識が必要というわけではないので、誰がやっても同じ品質で各業務ができるようにポータルサイト運用に係る業務を洗い出します。

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP