COLUMN業績アップノウハウ

儲け続けている不動産会社の業績管理方法(1/4)


経営戦略

はじめに

 

儲け続けている不動産会社は、偶然儲け続けているのではありません。

1年だけ儲けたり、短期間だけ儲けている会社はもちろんありますが、儲け続けている会社は共通して、

毎年、「儲けが出る」ように計画をして、その計画を確実に達成し続けることで、「儲け続けている不動産会社」になっています。

 

【儲け続けられない会社の業績管理】

✓ 売上(粗利)という結果だけを毎月管理している

✓ 根拠のある売上計画が立案できておらず、実績との差額が不明確である

✓ 営業利益が期末にならないと出てこない

 

 

【儲け続けられる会社の業績管理】

✓ ビジネスプロセス数値(反響数・面談率・契約率・平均粗利単価)を毎月管理している

✓ 根拠のある売上計画が立案できており、実績との差額が明確である

✓ 営業利益を計画通り達成するための管理ができている

 

 

儲け続けられている不動産会社の業績管理の考え方

前述のとおり、儲け続けられる不動産会社は、売上(粗利)という結果だけを追っているのではなく、

本業の”儲け”である経営計画で策定した営業利益を計画通りに達成することに焦点を置き、

その数値を達成するために逆算したビジネスプロセス数値を毎月の目標として設定します。

 

ただ数値を算出することが大切なのではありません。

大切なことは

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP