COLUMN業績アップノウハウ

【不動産売買仲介会社】物件集合時の成約率を上げる方法(1/4)


買い客集客

成約率が一番高くなる営業フローとは

本コラムは、「物件集合時の成約率を上げる方法」というテーマの全4本の1本目になります。

 

この記事をお読みの方は売買仲介業を営み、WEB反響が好調で集客は出来ているが、

成約数が増えていない方が多いかと思います。

 

ZitzGenはこれまで100名以上の不動産売買仲介会社の経営者・管理職・営業担当の皆様とお話してきました。

その中で、安定して成約数を増やされている会社と成約数を増やせていない会社の違いが明確になりました。

 

そこでわかったことは、契約率の高い不動産会社契約率の低い不動産会社では「 営業フロー 」が全然違うということです。

 

また、物件案内について各営業マンに任せているという不動産会社の場合、

お客様の問い合わせのあった物件の鍵開けに終始してしまっています。

 

お客様が見たい物件を見るためにご案内するだけなので、

営業マン主導で営業を進めるのではなく、

お客様主導でお客様が気に入る物件が

たまたま案内できたかどうかで契約が決まってしまいます

 

これは営業をしているとは言えません。

 

では、成約率が一番高くなる営業フローとはどういったものでしょうか。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP