COLUMN業績アップノウハウ

【不動産売買仲介会社】未完成物件の販売方法(1/4)


買い客への営業手法

コロナ禍で業績の良い不動産会社の特徴とは

ZitzGenの不動産売買仲介会社専門コンサルタントは、コロナ禍でも全国100社以上の会社とコミュニケーションを取っています。

 

今回は、コロナ禍でも業績の良い不動産会社の特徴とその手法について
未完成建売の販売方法」というテーマで全4本に分けてお伝えさせていただきます。

 

まず、業績の芳しくない不動産会社の社長とお話している中で、頻繁に耳にするお言葉は下記のとおりです。

 

・仲介できる物件、販売できる物件が少ない
お客様に見せることができる完成物件がない
・売却検討者がコロナの影響で少なくなっている

など

 

反対に業績が好調である不動産会社の社長とお話している中で、頻繁に耳にするお言葉は下記のとおりです。

 ・新築の仲介が好調で業績も良い
 ・工夫次第でお客様に完成イメージを持ってもらえる
 ・事業計画通りの売却検討者数と会うことができている

 

コロナ禍でも業績の良い不動産会社とそうではない不動産会社が明確に分かれており、業績が二極化しています。

コロナ禍でも業績の良い不動産会社の特徴は、下記のいずれか1つ以上が実施できている会社になります。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP