COLUMN業績アップノウハウ

【新築】新築仲介+太陽光提案で粗利をプラス40万円上げる方法(1/4)


買い客への営業手法

不況でも儲け続ける不動産会社とは

ZitzGenの不動産売買仲介会社専門コンサルタントは、これまで100社以上の会社とコミュニケーションを取ってきました。

 

緊急事態宣言が明けてから、2020年9月末までは全国的に集客が好調でした。

 

この期間のWEBポータルサイトの反響数は過去最高レベルに高かったのです。

この” バブル ”ともいえる集客状況はなにを表していたのでしょうか?

 

それは” 市場の先食い ”です。

 

ある調査機関の「 購入検討者への住宅購入時期調査 」ではこのコロナ禍における「 2年以内に購入したい 」という回答者数の割合が
過去調査の「 2年以内に購入したい 」という回答者数の半分近くまで減少しており、

 

その代わりに、

 

このコロナ禍における「 契約・建築中 」の回答者数の割合が
過去調査の「 契約・建築中 」の回答者数の1.5倍まで増加しています。

 

 

つまり、「 2年以内の購入検討者 」を” 先食い ”している状態だと言えます。

 

そんな” 不況が到来する2021~22年 ”でも会社経営は利益を上げ続けなければなりません。

 

訪れるであろう来年以降の大恐慌の備えは万全でしょうか?

 

もしかして、経営計画を下方修正してはいないでしょうか?

もしくは、右肩上がりの数値計画は立てているけれど実現できなさそうとお考えではないでしょうか?

 

 

ご安心ください。

 

今回は、「 不況でも儲け続ける不動産会社になる 」ために「 新築仲介+太陽光提案で粗利をプラス40万円上げる方法 」をお伝え致します。

 

 

その前になぜ、「 新築仲介+太陽光提案で粗利をプラス40万円上げ 」なければならないかをお伝えいたします。

 

具体的に” 儲け続ける不動産会社 ”とは、” 不動産市場におけるシェア(契約件数と平均粗利単価)を高め続けられる不動産会社 ”のことです。

 

 

不動産会社の利益方程式とは

不動産会社の利益方程式は、

利益 = 「 契約件数 」 × 「 平均粗利単価 」

になります。

 

先行きが不透明だとしても、この当たり前の事実は変わりません。

 

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP