COLUMN業績アップノウハウ

集客を最大化するために不動産会社が執るべき集客戦略とは(1/4)


業界動向

ウッドショックの影響

 

今回は、集客を最大化するために不動産会社が執るべき集客戦略について全4本に分けてお伝えさせていただきます。

まずはじめに、今業績が良い不動産会社(儲かっている不動産会社)は、ポータルサイトの集客に業績が依存していないことをご存知でしょうか?

 

少し前までは、コロナショックの影響により、住宅の需要が非常に大きくなり、ポータルサイトに物件を掲載していれば集客ができて不動産会社の業績は非常に良かったです。

 

しかし、今は「ウッドショック」の影響により、新築物件が枯渇しており、かつ、ポータルサイトに掲載できる物件が枯渇して、さらにポータルサイト上での競合が激化(重複物件が多い)し反響を取ることが難しい状況に陥っております。

 

ウッドショックとは、世界的に木材の需要が増えており、住宅に使う木材の価格が高騰していることにより、日本に十分な量の輸入木材が入っていないことです。

 

【ウッドショックの影響】

✓ 新築物件の枯渇

✓ ポータルサイト上の競合激化

✓ 反響数の激減

✓ 追加の販促投資

✓ 利益率悪化

 

 

ポータルサイト依存で業績を作っていた不動産会社さまでよく見受けられるのが、

ポータルサイトでより反響を取るために、競合他社よりも上位に表示させることに躍起になり

販促費合戦に陥ってしまうことが挙げられます。

 

営業マンに十分な反響数を割り当てられずに、営業マンを暇にさせてしまうくらいなら販促費をかけてでも反響を取ることは良い判断ですが、

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP