COLUMN業績アップノウハウ

面談数を最大化させるフォローチーム構築(3/4)


買い客への営業手法

フォローチーム解説

面談率を上げる3つのポイント

 

即架電・複数手段でのアプローチ・定期追客を営業メンバーに徹底して実施させようとしても、

目の前のお客様や新規の反響が発生すると後回しにされてしまうことが多々あります。

それは「契約を取る能力」とは違う能力が求められる全く違う業務なので、

やり切ること自体が凄いことであり、一般的な不動産営業では難しいことです。

 

競合他社よりも早くお客様に連絡をして、一度電話をして繋がらなかった場合でも複数の連絡手段で連絡をして追客活動を行います。

そして、購入・売却の意思がまだ固まっていないお客様も継続的にアプローチし続けられる不動産会社のみが、面談数を最大化させ、安定して契約を生み出すことが出来るのです。

 

そこで、我々のクライアント企業で実践している施策は、

面談数の最大化のみに特化した「フォローチーム」の構築です。

フォローチームは上記を主な業務とする仲介営業以外の従業員で組織されたチームです。

 

「 フォローチームの構築 」により反響に対する「 顧客接触スピードの最速化 」と「 顧客接触回数の最大化 」が可能になります。

 

 

実施内容

【買い反響初期対応】

(1)1分以内に架電、SMS・メール送付

└繋がるまで平日2日間、土日1日間はアプローチ実施

 

(2)来店・物件案内誘導

 

(3)アポイント取得

└営業のカレンダーを確認し、空いているメンバーに連携

 

 

【買い反響定期追客】

(1)月に1度架電し、購入検討状況の確認を実施

 

(2)再来店・再案内誘導

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP