COLUMN業績アップノウハウ

面談数を最大化させるフォローチーム構築(1/4)


買い客への営業手法

反響から面談に引き上げられている不動産会社の特徴

 

2020年4月のステイホーム以降、WEB反響が好調で「 獲得名簿数 」は増加しており、

2021年7月現在もWEB反響好調の状況は継続しております。

 

しかし、多くの会社で反響から面談へ引き上げが上手くいっておらず店舗来店数、物件案内数、訪問査定数が減少しております。

 

【買い反響】

(1)不動産ポータルサイト

└ SUUMO、HOMEs、アットホーム等

(2) 自社サイト

 

【売り反響】

(1)一括査定サイト

└ HOME4U、イエウール、リビンマッチ等

 

不動産ポータルサイトでは資料請求や、問い合わせ、一括査定サイトでは査定申込み。

これらに共通することは、お客様は自社のみではなく、他社へも同様の「反響」として接触しており、

複数の不動産会社に対して同時に反響通知が来ることになります。

 

当然ですがお客様に早く連絡が取れた不動産会社が一番有利に訪問査定のアポを取得することができます。

 

多くの不動産会社では、

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP