COLUMN業績アップノウハウ

初回接客時に使用するアプローチブック解説(4/4)


買い客への営業手法

アプローチブック解説(後編)

 

アプローチブックは自社の営業ストーリーを新人でもすぐに紹介出来るようになるツールです。

1.自己紹介、会社紹介

2.自社の強み(他社との差別化)

3.物件購入までの流れ

4.失敗しないお部屋探しの方法

5.資金計画

6.事前審査誘導

7.次回アポイント(物件案内日)調整

 

 

上記1~7の流れで構築されており、

アプローチブックに沿って紹介を行えばアポイント取得しやすくなります。

前回のコラムでは前編として1~4の内容をお伝えいたしました。

 

今回のコラムでは後編ということで、以下3点をお伝え致します。

資金計画

事前審査誘導

次回アポイント(物件案内日)調整

 

 

資金計画

 

初めに、月々の返済可能額から、おおよその予算を特定します。

不動産購入には資金計画が欠かせません。

しかし、資金についてヒアリングすることに苦手意識を持たれている方も多いでしょう。

「現在家賃」から借入可能額が把握できるので、

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP