COLUMN業績アップノウハウ

初回接客時に使用するアプローチブック解説(1/4)


買い客への営業手法

コロナ禍における初回面談の重要性

 

2020年4月のステイホーム以降、WEB反響が好調で「 獲得名簿数 」は増加しており

2021年6月現在もWEB反響好調の状況は継続しております。

 

しかし、多くの会社では反響から面談へ引き上げが上手くいっておらず、

店舗来店数、物件案内数が減少しております。

「 面談数 」が減少している状況で、

以前と同じ営業のやり方を続けている会社が成約数を下げております。

 

コロナ禍において、お客様が家を購入する際に接客を受ける会社数も減少しているので、

初回面談で商談を前に進められなかった方が、再度来店する可能性も以前より減少しております。

 

これら2点からわかる通り、「 初回面談 」で商談を1歩でも前に進めることが重要で

「 初回面談 」で失敗すると、成約は生まれない。ということです。

 

成約率が低い会社と高い会社の「初回面談」の違い

成約率の低い不動産会社の初回面談は以下の通りです。

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP