COLUMN業績アップノウハウ

【不動産売買仲介会社】訪問査定時の受託率の上げ方(1/4)


売り客への営業手法

媒介契約が取れない営業と取れる営業の違い

この記事をお読みの方は売買仲介業を営み、一括査定ポータルサイトで反響は取れているが、媒介契約が増えていない方が多いかと思います。

 

ZitzGen はこれまで 100 名以上の不動産売買仲介会社の経営者・管理職・営業担当の皆様とお話してきました。

 

その中で、安定して媒介契約を取れていない会社と取れている会社の違いが明確になってきました。

 

実際に、同じ不動産一括査定ポータルサイトの反響に対する訪問査定からの受託率に 3 倍以上乖離があります。

 

不動産一括査定ポータルサイトの反響は1件あたり1万円以上することが通常です。

訪問査定率に3倍以上の乖離があるということは、1件の受託コストに3倍以上の乖離が出てしまうということです。

 

不動産一括査定ポータルサイトの反響を増やすことは簡単です。

反響課金制のため販促費用を増やせば、その分の反響数が増えるからです。

 

しかし、受託数を増やしたいからと言って安易に反響数を増やすことはおすすめできません。

 

 

受託数=反響数 × 訪問査定率 × 受託率

の公式で算出されます。

 

 

訪問査定率を向上させる方法は、過去講座で紹介しております。

 

今回は受託率を上げる方法にフォーカスしご紹介いたします。

 

では、媒介契約が取れない営業と取れる営業の違いは以下3点になります。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP