COLUMN業績アップノウハウ

土地仲介をドル箱化する仕組みとは(2/4)


業界動向

成功しているビジネスモデル

 

今回は、「土地仲介をドル箱化する仕組みとは」について全4本に分けてお伝えさせていただく内の2本目になります。

 

前回のコラムでは、「不動産業界の動向」と「不動産会社の執るべき戦略」についてお伝えしました。前回のコラムでは、今後勝ち残る会社の特徴は以下の3点だとお伝えしました。

 

 

【勝ち残る会社】

1.売り物を自社で用意ができる

2.自社の媒体で集客ができる

3.付加価値をつけた営業ができる

 

 

1の「売り物を自社で用意ができる」については、「儲かる不動産会社の一括査定以外の媒介取得方法」、「訪問査定時の媒介取得率の上げ方」、「一括査定ポータルサイトから訪問査定数を最大化する方法とは」のコラムでお伝えしているので、詳しくはそちらをご参照ください。

 

2の「自社の媒体で集客ができる」については、、「集客を最大化するために不動産会社が執るべき集客戦略とは」のコラムでお伝えしているので、詳しくはそちらをご参照ください。

 

今回は3の「付加価値をつけた」営業ができる。つまり、土地仲介の粗利付加する方法をお伝えします。

 

 

なぜこの土地仲介に粗利付加する方法が利益を上げやすいのかは、「成功しているビジネスモデル」を見ると一目瞭然です。

その成功しているビジネスモデルとは、「SUUMOカウンター」になります。

 

SUUMOカウンターとは、リクルートが展開しているビジネスモデルです。

概要は以下のとおりです。

・ 住宅購入検討者に住宅の買い方と工務店を紹介

・ 工務店から紹介手数料として成功報酬として3%受領

・ 2019年時点で200店以上の店舗展開(直近5年で店舗数が5倍)

 

店舗数の伸びからも、顧客の「住宅の賢い買い方」と「工務店の紹介」のニーズが伸びていることがわかります。

この「住宅の賢い買い方」と「工務店の紹介」は、不動産購入検討者向けビジネスを展開する不動産売買仲介事業と親和性が高いです。

 

 

建築紹介とは

 

建築紹介とは、不動産を売る”ついで”に、

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP