COLUMN業績アップノウハウ

土地仲介をドル箱化する仕組みとは(1/4)


業界動向

不動産業界の動向

 

今回は、「土地仲介をドル箱化する仕組みとは」について全4本に分けてお伝えさせていただきます。

 

不動産業界は、今、物件在庫が枯渇していることをご存知でしょうか?

 

新型コロナウイルスとウッドショックの影響により、不動産業界はこの1年で大きく変わっています。

 

不動産業界の大きな変化としては次の2点になります。

 

(ⅰ)ビルダーの新築建売の完成物件が”半減”

(ⅱ)ポータルサイトの反響数が”過去最高レベル”

※ZitzGen主要クライアント調査結果

 

 

このことからわかることは、住宅に対する需要は非常に大きいですが、物件在庫数が少ないため、

不動産売買会社1社あたりの新築建売の仲介件数は減少しているということになります。

 

また、物件在庫数が少ないため、ポータルサイトへの同じ物件の重複掲載も過去最高レベルになっており、

ポータルサイト全体の反響数は過去最高レベルですが、不動産売買会社1社あたりの反響数は減少している状態です。

 

この大きな変化により、不動産売買会社は注力するポイントを大きく変える必要があります。

 

 

 

不動産会社の執るべき戦略

ビルダーの新築建売を含めて物件在庫が少なくなっている不動産業界でも業績が良い不動産会社の特徴は、

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP