COLUMN業績アップノウハウ

集客を最大化するために不動産会社が執るべき集客戦略とは(3/4)


業界動向

自社サイト活用事例

 

今回は、「集客を最大化するために不動産会社が執るべき集客戦略」について全4本に分けてお伝えさせていただいている3本目になります。

 

前回のコラムでは、「自社サイト構築のメリット」は以下の3点だとお伝えいたしました。

【自社サイト構成のメリット】

1.低単価で反響が取れる

2.自社商圏シェアの拡大

3.ポータルサイトに依存しない集客

 

 

今回のコラムでは、「自社サイト活用事例」と「自社サイト構築のポイント」についてお伝えします。

 

自社サイトを活用して業績を上げられた会社さまのご紹介を簡単にさせていただきます。

弊社の事例企業で千葉県木更津市の営業2名の不動産会社さまで、自社サイトから発生した反響だけで以下の実績を出されております。

 

【ZitzGenクライアント事例】

✓ 月間販促費10万円

✓ 反響28件(反響単価3,571円)

✓ 契約2件

✓ 契約粗利高150~240万円/月

 

 

ポータルサイトに依存しない集客を実現することができたので、反響数と契約件数が安定するようになりました。

また、契約2件の内訳ですが、物件の種別は、新築・中古・土地とさまざまですが、平均粗利単価向上の取り組みを実施しているので、さらに利益率が向上します。

【平均粗利単価向上の手法】

✓ 新築仲介の場合は、両手仲介+オプション工事粗利

✓ 中古仲介の場合は、仲介手数料+リフォーム工事粗利

✓ 土地仲介の場合は、仲介手数料+建築紹介料

※参考:平均粗利単価をプラス100万円上げる提案方法、【土地】平均粗利単価をプラス75万円上げる提案方法、中古物件の平均粗利単価80万円が130万円に上がった提案方法

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP